ニュース

「こんな夜更けにバナナかよ」×「札幌フィルムコミッション」ラッピング電車運行開始!

札幌フィルムコミッション(一般財団法人さっぽろ産業振興財団)では、映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」(12月28日(金曜日)公開)とタイアップし、シティプロモーションを目的として、札幌の路面電車において同映画をラッピングした電車を2018年10月5日(金曜日)から期間限定で運行いたします。

今回のラッピング電車のデザインは、同映画に出演している3人(大泉洋、高畑充希、三浦春馬)や映画タイトル、札幌市シティプロモーション戦略のシンボルマークであるサッポロスマイルのロゴ、「路面電車開業100周年」ロゴ、同映画を助成した「札幌市映像制作助成金」ロゴ、ロケーション撮影全般の支援を行った「札幌フィルムコミッション」の文言が印象的なラッピングが施されています。

同映画のロケ地のほとんどが札幌市内であることから本作品に親しみを感じていただき、この取組みを多くの方に知ってもらうことにより、札幌を訪れるきっかけにしていただくなど、本作品を通じた札幌の魅力の発信につながると考えております。