ウェブアクセシビリティ達成基準とその達成方法

適合レベルA (シングルエー) と適合レベルAA (ダブルエー) の達成基準

適合レベルA (シングルエー) の達成基準表
達成基準 実装方法
1.1.1
非テキストコンテンツの達成基準
  • 写真などの静止画像には代替テキストを提供します。
  • リンクにはリンクテキストを提供します。
  • 画像化したテキストに対して代替テキストを提供します。
  • 装飾目的の画像はCSSを用いて表示します。

注記:本サイトにはFlash形式の画像、画像のみのボタン、ASCIIアート、顔文字、ルート語を使用しているページはありません。

1.2.1
音声だけ及び映像だけ(収録済み)の達成基準
音声のみ、または映像のみのコンテンツはありません。
1.2.2
キャプション(収録済み)の達成基準
収録済の音声コンテンツはありません。
1.2.3
音声解説又はメディアに対する代替コンテンツ(収録済み)の達成基準
収録済の映像コンテンツに音声による解説が含まれていない時は、映像を見ることが困難な利用者や、動きのある画像を理解するのが困難な利用者にも内容がわかるように、テキストによる解説を用意します。
1.3.1
情報及び関係性の達成基準
  • 表には表であることや表の内容が分かるように適切な表題(キャプション)を設定します。
  • 表には見出し(ヘッダー)を設定し、見出しの方向はscopeを用いて設定し音声読み上げに対応します。
  • 文章中、リストにすべきであると考えられる部分について、「・(中黒)」ではなくリスト要素を用います。
  • ページ内において見出しが設定されるべきであると考えられる部分について、適切な見出しを設定します。
1.3.2
意味のある順序の達成基準
  • 表示と音声でコンテンツの順序が変わること無く情報を伝えています。
  • 単語の途中にスペースやタブなどをはさみません。
    • 例)「日 付」「期 間」など文章の折り返し位置を調整するためにスペースやタブを埋め込みません。
1.3.3
感覚的な特徴の達成基準

音声読み上げソフトでは形や大きさ、方向など感覚的な情報を理解できないため、テキストで情報を伝えます。

  • (悪い例)「三角形のボタンをクリックしてください」
  • (良い例)「検索ボタンをクリックしてください」
1.4.1
色の使用の達成基準
  • 色の違いを用いて情報を伝えているコンテンツに対して、同じ情報をテキストで補足し、文章だけでも内容を理解できるようにします。
  • 配色だけではなく、模様や文章なども使用し情報を伝えます。
1.4.2
音声の制御の達成基準
ウェブページ上にある音声が自動的に再生され、その音声が3秒より長く続くコンテンツはありません。
2.1.1
キーボードの達成基準
コンテンツのすべての機能が、キーボードインタフェースを通じて操作が可能です。
2.1.2
キーボードトラップなしの達成基準
キーボードのTABキーや矢印キーだけで操作しているとき、特定の箇所からフォーカスが移動出来なくなることはありません。
2.3.1
3回のせん(閃)光、又はしきい(閾)値以下の達成基準
どのコンテンツにおいても、1秒間に3回よりも多く閃光を放つコンポーネントはありません。
2.4.1
ブロックスキップの達成基準
ページの先頭に戻るためのリンク、および読み上げソフト用のスキップが可能なリンクを用意しています。
2.4.2
ページタイトルの達成基準
ウェブページに対して、コンテンツの内容が分かるページタイトルを提供しています。
2.4.3
フォーカス順序の達成基準
キーボードのTABキーまたは矢印キーを用いて、フォーカスを受け取る要素を移動して、その順序が意味と操作性を損なわないように設計しています。
読み上げた時、順序などに混乱が発生しないように設計しています。
2.4.4
リンクの目的(コンテキスト内)の達成基準
リンク先のページを理解できるリンクテキストや説明を提供しています。
3.1.1
ページの言語の達成基準
ウェブページの主な自然言語がどの言語であるかを、プログラムが判断できるように宣言しています。
3.2.1
フォーカス時の達成基準
キーボードのTABキーやカーソルキーでページ内を巡回した時、勝手にフォームを送信する、新しいウィンドウを開く、他のコンポーネントにフォーカスを移動してしまうような、予期せぬ状況の変化が起きることはありません。
3.2.2
入力時の達成基準
データ入力又はフォームコントロールの選択の結果を予測可能なテキストフィールドやボタン類で提供しています。
3.3.1
エラーの特定の達成基準
利用者の入力によりエラーが発生するコンテンツはありません。
3.3.2
ラベル又は説明の達成基準
入力すべき内容やルールが必要なコンテンツはありません。
4.1.1
構文解析の達成基準
W3Cの仕様に準拠したHTML技術を使用してコンテンツの作成を行なっています。
4.1.2
名前(name)、役割(role)及び値(value)の達成基準
W3Cの仕様に準拠したHTML技術を使用してコンテンツの作成を行なっています。
適合レベルAA (ダブルエー) の達成基準表
達成基準 実装方法
1.2.4
キャプション(ライブ)の達成基準
ライブの音声コンテンツはありません。
1.2.5
音声解説(収録済み)の達成基準
収録済みの音声コンテンツはありません。
1.4.3
コントラスト(最低限レベル)の達成基準
大きな文字、ロゴタイプなどを除くテキスト、および画像化された文字の視覚的な表現には、少なくとも4.5対1のコントラスト比をもたせるように設計しています。
1.4.4
テキストのサイズ変更の達成基準

コンテンツ又は機能を損なうことなく、テキストを支援技術なしでなしで200%までサイズ変更することができます。ただし次の部分は除きます。

  • 拡大すると表示領域が狭くなり本文の表示に影響が出る最上部のメニュー
  • 外部サービスを埋め込むコンテンツ部分
1.4.5
文字画像の達成基準
テキストで表示することが可能である時は、文字を画像化せずにテキストで表現しています。
2.4.5
複数の手段の達成基準
利用者が目的のページに辿り着きやすいように、フッターにサイトマップを表示する、関連するページをページ内にリンクで表示するなど、複数の到達手段を用意しています。
2.4.6
見出し及びラベルの達成基準
文章の内容が明快かつ内容が分かるように記述します。
2.4.7
フォーカスの可視化の達成基準
キーボードで操作した時、フォーカスしている部分を認識しやすいように設計しています。
3.1.2
一部分の言語の達成基準
主要言語以外がコンテンツの一部に混在する時、可能な限りlang属性を記載します。
3.2.3
一貫したナビゲーションの達成基準
複数のページ上で繰り返されているナビゲーションの仕組みは、繰り返されるたびに相対的に同じ順序で提供しています。
3.2.4
一貫した識別性の達成基準
同じ機能を有するコンテンツに対して、一貫したラベル、識別名及び代替テキストを用いています。
3.3.3
エラー修正の提案の達成基準
エラーの発生した箇所がわかるように処理をしています。
3.3.4
エラー回避(法的、金融及びデータ)の達成基準
利用者に金銭的取引などのための入力を求めるフォームを設置していません。

追加する達成基準

適合レベルAAA (トリプルエー) の達成基準表
達成基準 実装方法
1.4.7
小さな背景音、又は背景音なしの達成基準
背景音が自動再生するコンテンツはありません。
2.1.3
キーボード(例外なし)の達成基準
キーボードのTABキーや矢印キーで、コンテンツを利用することができるように設計しています。
2.3.2
3回のせん(閃)光の達成基準
1秒間に3回の閃光を放つコンテンツはありません。
2.4.8
現在位置の達成基準
パンくずリストやナビメニュー、サイドメニューなどで、現在地がわかるように設計しています。